> > 低圧太陽光発電システム向けの「保守点検アプリ」 施工会社の作業を効率化

低圧太陽光発電システム向けの「保守点検アプリ」 施工会社の作業を効率化

記事を保存
低圧太陽光発電システム向けの「保守点検アプリ」 施工会社の作業を効率化

アイアンドシー・クルーズ(東京都港区)は、日本初の低圧太陽光発電システム保守点検タブレットアプリ「PVNAVI Lite」を、10月28日から運営するサービス加盟企業を中心とした、全国約400社の太陽光発電システム販売施工会社への提供を開始すると発表した。

「PVNAVI Lite」は、低圧太陽光発電システムに関する保守点検項目を元に、iPadを利用して点検作業を大幅に効率化するタブレット向けアプリ。

特別高圧太陽光発電システム保守点検アプリ「PVNAVI」の企画・開発などを手掛けるストライクポイント(東京都港区)と共同開発した。特定高圧分野に特化した「PVNAVI」と比べ、低圧分野用に機能を特化させ、安価に提供する。

低圧分野における定期メンテナンス市場に着目

太陽光発電システムのメンテナンスにおいて、現在は50kW以上の場合に法定点検が義務付けられている。一方、低圧分野(10~50kW未満)においても定期メンテナンスが必要だと認知されはじめており、今後の市場成長が見込まれている。しかし、これまで低圧分野に特化した保守点検アプリが存在しなかったため、ユーザビリティやコスト面で、低圧分野に適したアプリを共同開発した。

今回のアプリ共同開発を機に、既存の加盟店のみならず、今後成長が見込まれる太陽光発電システムメンテナンス市場において、低圧太陽光発電システムの保守点検のツールとしての拡販を図っていく考えだ。

PVNAVI Liteの特徴

主な特徴として以下2点をあげる。

1. 保守点検作業を均質化

低圧分野の保守点検は、これまでに法的に義務化されていなかったことから、ノウハウを保有している点検員が少ない状態である。本アプリでは、項目ごとに保守点検箇所・方法を指定しており、保守点検の均質化を実現できる。また、項目ごとに写真を撮影・保存ができるため、点検記録を高品質に保つことができる。

2. 保守点検に関する人員コストを削減

本アプリにより、これまで点検員が行っていた記録作業・レポート作成作業を代替し、人件費削減が可能。


アイアンドシー・クルーズは、太陽光発電システム比較検討メディア「グリーンエネルギーナビ」や、ソーラーパネルや蓄電池等、太陽光発電システム関連商品の流通支援を手掛けており、全国約400社が加盟する。ストライクポイントは、太陽光発電システム保守点検や新電力等、新エネルギーの分野で事業を展開する。

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.