> > 「CLARITY FUEL CELL」 ホンダ、市販する燃料電池車を公開

「CLARITY FUEL CELL」 ホンダ、市販する燃料電池車を公開

記事を保存
「CLARITY FUEL CELL」 ホンダ、市販する燃料電池車を公開

ホンダは、新型の燃料電池自動車(FCV)である「CLARITY FUEL CELL(クラリティ・フューエル・セル)」の市販予定車を「第44回東京モーターショー2015」において世界初披露した。一般公開日は10月30日(金)~11月8日(日)。

「CLARITY FUEL CELL」の仕様

「CLARITY FUEL CELL」は、ホンダ独自の技術により、搭載しているスタックを従来型より33%小型化している。また、出力は100kW以上、出力密度は3.1kW/Lと従来比で約60%向上させた。

一回当たりの水素充填時間は3分程度。外部給電器「Power Exporter 9000」も同時発売される予定。一般家庭のおよそ7日分の電力を供給することができる。なお、同給電器を組み合わせることで、「走る電源」として災害時などにはクルマが作る電力を外部に提供できる。

また、燃料電池パワートレインを、V6エンジンと同等サイズまでコンパクト化し、世界で初めてセダンのボンネット内に集約した。これにより、大人5人がゆとりをもって座れるデザインとなった。

車内
内装

70MPaの高圧水素貯蔵タンクを搭載し、パワートレインの高効率化や走行エネルギーの低減によって、一充填走行距離700km以上を達成。これはFCVトップクラス。

同車は、2016年3月にリース販売が開始される。日本での価格は766万円(消費税込み)。日本での発売後に、米国や欧州へ展開していく予定。

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.