> > 「山に持ち込めるバイオ燃料製造システム」 農水省の研究発表会・見学会

「山に持ち込めるバイオ燃料製造システム」 農水省の研究発表会・見学会

記事を保存
「山に持ち込めるバイオ燃料製造システム」 農水省の研究発表会・見学会

農林水産省は、石川県において、研究成果発表会「林地残材を原料とするバイオ燃料の製造技術の開発」を11月12日(木)に開催する。本成果発表会に先立ち、同日、研究施設の現地見学会も行う。

研究成果発表会・現地見学会の参加費は無料。申込み締め切りは11月10日(火)17:00で、定員になり次第、申し込みを締め切る。概要は次の通り。

林地残材からのバイオ燃料製造コスト80円/Lを目指す

農林水産省は2012年度から、農山漁村の活性化に資するため「バイオマス活用推進基本計画」等に基づき、委託プロジェクト研究「地域資源を活用した再生可能エネルギーの生産・利用のためのプロジェクト(林地残材を原料とするバイオ燃料の製造技術の開発)」を実施している。このプロジェクトでは、林地残材からのバイオ燃料製造コスト80円/Lとすることを目標として、林内への持ち込みおよび可搬化に適したバイオオイル製造システムについて研究してきた。

今回の成果発表会は、委託プロジェクト研究で得られた研究成果を広く発信するため、研究の最新成果を講演および現地見学会で紹介するとともに、それにより開発技術の広範囲な活用を促し、林地残材等を活用したバイオ燃料製造と利用の高度・最適化に向けた議論・情報交換の活性化につなげることを目的としている。

なお、この成果発表会などは、「林地残材を原料とするバイオ燃料の製造技術の開発」共同研究機関との共催で実施する。

成果発表会:概要

日時

11月12日(木)13:30~17:00

会場

金沢市ものづくり会館 2階 第2・3研修室(石川県金沢市)

定員

100名(無料)

成果発表会:プログラム

1:事業概要説明

2:成果発表

  1. 急速熱分解システムによるバイオマスからのバイオオイル製造について
    明和工業株式会社 清水 浩之氏
  2. 可搬型バイオオイル製造システムのトータルプロセス計算結果と解析および評価について
    国立研究開発法人 産業技術総合研究所 細貝 聡氏
  3. バイオオイルの分析・評価手法の開発について
    北陸先端科学技術大学院大学 西村 俊氏
  4. 触媒機能を利用したバイオオイルの安定性向上の解析と評価について
    東京大学 高垣 敦氏
  5. オージェ型急速熱分解システムベンチ試験装置及び破砕・乾燥処理試験装置による検証と解析について
    明和工業株式会社 清水 浩之氏

3:総合討論・講評、意見交換等


現地見学会

研究成果発表会に先立ち、研究施設の現地見学会を行う。

日時

11月12日(木)9:00~12:30

見学先

バイオ燃料の原材料となる林地残材を収集できる林地

場所

石川県河北郡津幡町、石川県羽咋郡宝達志水町

定員

定員30名(無料。ただし、昼食代(1,000円)が必要)

見学内容

林内への持ち込みが可能な可搬型のバイオオイル製造システムを用いたバイオ燃料の製造工程およびバイオ燃料燃焼装置の実演

交通手段

現地見学会の参加を希望される方は、JR金沢駅を9:00に出発する貸切バスを利用する。見学会終了後、研究成果発表会会場へ送ってくれる。

申込方法

参加を希望する場合は、メールにて申し込む。詳細は農林水産省のウェブサイトを参照のこと。申込み締め切り日は11月10日(火)17:00。参加希望者が定員になり次第、申込みを締め切る。

【参考】
農林水産省 - 研究成果発表会「林地残材を原料とするバイオ燃料の製造技術の開発」の開催

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.