> > 「山に持ち込めるバイオ燃料製造システム」 農水省の研究発表会・見学会

「山に持ち込めるバイオ燃料製造システム」 農水省の研究発表会・見学会

 印刷 記事を保存

農林水産省は、石川県において、研究成果発表会「林地残材を原料とするバイオ燃料の製造技術の開発」を11月12日(木)に開催する。本成果発表会に先立ち、同日、研究施設の現地見学会も行う。

研究成果発表会・現地見学会の参加費は無料。申込み締め切りは11月10日(火)17:00で、定員になり次第、申し込みを締め切る。概要は次の通り。

林地残材からのバイオ燃料製造コスト80円/Lを目指す

農林水産省は2012年度から、農山漁村の活性化に資するため「バイオマス活用推進基本計画」等に基づき、委託プロジェクト研究「地域資源を活用した再生可能エネルギーの生産・利用のためのプロジェクト(林地残材を原料とするバイオ燃料の製造技術の開発)」を実施している。このプロジェクトでは、林地残材からのバイオ燃料製造コスト80円/Lとすることを目標として、林内への持ち込みおよび可搬化に適したバイオオイル製造システムについて研究してきた。

(※全文:1,318文字 画像:あり 参考リンク:あり)

  • まだ会員登録されてない方

    新規会員登録無料
  • 既に会員登録されている方

    ログイン

会員登録3つの特典

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2018 日本ビジネス出版. All rights reserved.