> > 保険会社による「太陽光発電事業:事故リスクハンドブック」

保険会社による「太陽光発電事業:事故リスクハンドブック」

 印刷 記事を保存

MS&ADインシュアランスグループの三井住友海上火災保険、あいおいニッセイ同和損害保険、インターリスク総研は、11月9日、3社共同で「太陽光発電事業 事故リスクハンドブック」を開発し、発行した。

このツールは、太陽光発電事業における、雪災・落雷・投石・水災などの事故リスクを適切に評価するための情報提供を目的として作成された。

事故の傾向・対策がわかる!

01. 保険引受実績を基に事故の傾向と対策を分析

同グループが過去に扱った、太陽光発電事業のリスク評価に関するノウハウの蓄積から、事故の傾向と対策をリスク別に整理。リスク回避ツールとして活用できる。

(※全文:752文字 画像:あり 参考リンク:あり)

  • まだ会員登録されてない方

    新規会員登録無料
  • 既に会員登録されている方

    ログイン

会員登録3つの特典

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2018 日本ビジネス出版. All rights reserved.