> > フランス・パリで行われたCOP21準備会合が終了 衡平性は未だ議論中

フランス・パリで行われたCOP21準備会合が終了 衡平性は未だ議論中

 印刷 記事を保存

2020年以降の国際的な温暖化対策に関する枠組み(ポスト京都議定書)の合意を目指す国連気候変動枠組条約第21回締約国会議(COP21)の閣僚級準備会合(プレCOP)が、11月8日(日)~10日(火)にフランス・パリにて開催された。

この会合には、フランスの主催の下、約60か国の閣僚が参加した。環境省が本会合の結果概要をとりまとめ公表した。

同会合では11月30日からフランス・パリで行われるCOP21に向けて閣僚レベルで率直かつ自由な意見交換が行われた。また、各国間で意見の隔たりの大きい「野心的な目標」、「衡平性・差異化」、「2020年以降の資金」、「2020年以前の行動と支援」について集中的に議論が行われた。これらの論点については引き続き各国間の意見の隔たりのある部分も残ったが、COP21ではこうした点を解決し、COP21を成功させようという機運の高まりが見られるなど一定の前進があった。

各論についての概要は以下のとおり。

(※全文:1,457文字 画像:あり 参考リンク:あり)

  • まだ会員登録されてない方

    新規会員登録無料
  • 既に会員登録されている方

    ログイン

会員登録3つの特典

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2018 日本ビジネス出版. All rights reserved.