> > 気象衛星のデータで数時間先の太陽光発電量を予測するシステム「アポロン」

気象衛星のデータで数時間先の太陽光発電量を予測するシステム「アポロン」

 印刷 記事を保存

関西電力は、気象庁の衛星画像を利用し、数時間先までの太陽光発電量を予測するシステム「アポロン」を開発した。同社はこのシステムを、2016年3月を目処に中央給電指令所に導入する予定だ。

同社はこれまで、翌日の太陽光発電による発電量の予測を、天気予報の情報をもとに行ってきたが、翌日予想は外れることがあり、今後さらに太陽光発電の普及が進んだ場合、受給制御に懸念があった。また、現在の発電力の把握には、気象庁の「日射計データを利用していたが、観測点が少ないため、誤差が大きいという問題があった。日射計を使わずに発電量を把握するシステムの導入は、電力会社としては初の試みとなる。

「アポロン」を活用した予測

  1. 衛星画像の雲の種類や、1キロ四方ごとの雲の状況から高度を分析
  2. 高度別の風向風速から雲の動きを予測
  3. 予測した日射量を活用し、3分刻みで3時間半後までの太陽光の発電量の変化を予測することができる。

(※全文:701文字 画像:あり 参考リンク:なし)

  • まだ会員登録されてない方

    新規会員登録無料
  • 既に会員登録されている方

    ログイン

会員登録3つの特典

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2018 日本ビジネス出版. All rights reserved.