> > 野村不動産など、横浜の綱島・日吉地区にスマートタウン形成へ

野村不動産など、横浜の綱島・日吉地区にスマートタウン形成へ

 印刷 記事を保存

11月19日、野村不動産(東京都新宿区)とMID都市開発(大阪市北区)は、綱島・日吉地区(神奈川県横浜市)でのスマートコミュニティ「都市型コンパクトタウン」についての開発計画を発表した。

都市型コンパクトタウン

「都市型コンパクトタウン」とは、野村不動産とMID都市開発が綱島・日吉地区である神奈川県横浜市港北区箕輪町二丁目の街区において、住宅を核とした商業施設などの生活利便施設などが一体となった大規模複合開発を行う開発計画。

具体的には、下記の「スマート・コミュニティインフラ」と「スマート・グリーンインフラ」の2つのインフラ整備を基本に、新たなまちづくりに取り組む。

(※全文:1,129文字 画像:あり 参考リンク:なし)

  • まだ会員登録されてない方

    新規会員登録無料
  • 既に会員登録されている方

    ログイン

会員登録3つの特典

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2018 日本ビジネス出版. All rights reserved.