> > 東京都、温室効果ガス30%削減する目標 舛添知事「欧米にも遜色ない水準」

東京都、温室効果ガス30%削減する目標 舛添知事「欧米にも遜色ない水準」

 印刷 記事を保存

東京都の舛添要一知事は、20日の定例記者会見で、都として新たに温室効果ガスを2030年までに2000年比で30%削減する目標を設定したと発表した。

この目標は、都知事からの諮問を受け、新たな東京都環境基本計画のあり方について審議をしている東京都環境審議会の意見を踏まえ設定した。舛添知事は、「国の目標である『2030年までに2013年比26%削減』、これを上回るもので、アメリカ、EUにも遜色ない水準であると思う」と胸を張った。

また、電気・ガスなどエネルギー消費量についても、2000年比30%削減から「もう少し野心的にして、38%まで削減したい」と考えていることも明らかにした。

(※全文:1,014文字 画像:なし 参考リンク:あり)

  • まだ会員登録されてない方

    新規会員登録無料
  • 既に会員登録されている方

    ログイン

会員登録3つの特典

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2018 日本ビジネス出版. All rights reserved.