> > 茨城県山岳部のウィンドファーム、地域住民・クマタカなどへの配慮で指摘

茨城県山岳部のウィンドファーム、地域住民・クマタカなどへの配慮で指摘

 印刷 記事を保存

環境省は20日、インベナジー・ジャパン合同会社が茨城県・福島県で計画中の、最大で総出力6万kWの風力発電所「(仮称)茨城風力発電事業」の計画段階環境配慮書に対する環境大臣意見を経済産業大臣に提出した。

騒音や風車の影による影響を回避または極力低減

環境大臣意見では、風力発電設備などの配置検討に当たり、(1)近隣には複数の住居が存在する、(2)一部の住居は近隣を風力発電設備に囲まれる可能性が高い、ことから、適切に調査・予測・評価を行い、住居から可能な限り離隔するなどにより、騒音や風車の影による影響を回避または極力低減することなどを求めている。

さらに、騒音や風車の影による影響を回避、または十分に低減できない場合は、風力発電設備の配置などの再検討、対象事業実施区域の見直し、および基数の削減を含む事業計画の抜本的な見直しを行うこととしている。

鳥類・重要な自然環境へ配慮を

また、本事業の事業実施想定区域は、山間部地域に位置し、事業実施想定区域の周辺には、花園・花貫県立自然公園が存在する。また、事業実施想定区域の周辺において、クマタカなどの希少猛禽類の生息が確認されている。

(※全文:1,421文字 画像:なし 参考リンク:あり)

  • まだ会員登録されてない方

    新規会員登録無料
  • 既に会員登録されている方

    ログイン

会員登録3つの特典

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2018 日本ビジネス出版. All rights reserved.