> > 燃料電池の耐久度を100倍にする新技術 実用化に向け1歩前進

燃料電池の耐久度を100倍にする新技術 実用化に向け1歩前進

 印刷 記事を保存

九州大学カーボンニュートラル・エネルギー国際研究所(I2CNER)は、低温加湿下で発電する固体高分子形燃料電池の触媒材料と作製法を工夫し、同電池の耐久性を向上させることに成功したと、2015年11月23日に発表した。

より現行材料に近い条件で100倍の耐久度

同研究所では、2013年4月の時点で、次世代発電条件と期待される120℃の高温・無加湿条件下で寿命をテストする模擬試験を行い、市販の電極触媒よりも100倍以上の耐久性を実現していた。

耐久性テストの結果

耐久性テストの結果

今回は電極触媒に、商用化されている燃料電池にも使用されるNafionと呼ばれる樹脂を用い、80℃加湿条件という一般的な条件で実験を行った。

(※全文:1,140文字 画像:なし 参考リンク:あり)

  • まだ会員登録されてない方

    新規会員登録無料
  • 既に会員登録されている方

    ログイン

会員登録3つの特典

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2018 日本ビジネス出版. All rights reserved.