> > 次世代型の水素ステーション用の蓄圧容器 JFEスチールなどが開発へ

次世代型の水素ステーション用の蓄圧容器 JFEスチールなどが開発へ

記事を保存
次世代型の水素ステーション用の蓄圧容器 JFEスチールなどが開発へ

11月30日、JFEスチール(東京都千代田区)とJFEコンテイナー(東京都千代田区)は、製造コスト低減と長寿命化を目的に現在開発中の、水素ステーション用蓄圧容器について、2018年内の商品化を目指すと発表した。

この容器は、スチール製ライナーの胴部に炭素繊維強化プラスチック(CFRP)を軸とほぼ直角に巻きつける「フープラップ式複合圧力容器蓄圧器(Type2容器)」だ。フルラップ式複合圧力容器蓄圧器(Type3、4容器)に比べCFRPの使用量を削減できるため、より安価な蓄圧器の製造ができる。

同開発では、JFEコンテイナーが設計し、JFEスチール製の鋼管から製造した鋼製ライナーの胴部に、三菱レイヨン製の炭素繊維が巻きつけられる。形状はシンプルなストレート型。ライナーの製造と炭素繊維の巻きつけ工程を簡略化し、炭素繊維の使用量を減少させることで製造コストを低減させる。またメンテナンスの簡易化により、水素ステーションのランニングコストを低減し、容器の長期使用が可能になる。

このような容器の製造コスト低減と長寿命化により、水素ステーションの建設・維持管理コストの低減に寄与できる。両社は、JFEスチールの水素脆化に関する研究実績と、JFEコンテイナーの自動車分野における高圧ガス容器のパイオニアとしての事業実績を、設計・製造に生かし開発に取り組む。

なお、同開発事業は、2015年9月に新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)の「水素利用技術研究開発事業」に採択されたもの。日本製鋼所、千代田化工建設、ブリヂストン・九州大学、東京大学・帝人・村田機械ら研究グループが同時に採択され、Type2容器の研究開発を行う。事業期間は2017年度まで。

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.