> > 数百kW級の業務用燃料電池、実用化向け開発へ 2017年の市場投入目指す

数百kW級の業務用燃料電池、実用化向け開発へ 2017年の市場投入目指す

 印刷 記事を保存

NEDOは、燃料電池の技術開発・実証研究を実施しているNEDOプロジェクトにおいて、水素利用の拡大に向け、数~数百kW級の業務用固体酸化物形燃料電池(SOFC)システムの実用化技術開発に着手する。30日、本事業に係る公募を実施し2件のテーマを採択したと発表した。

実負荷条件下での試験研究により、導入効果の検証と技術課題の抽出を行うことで、業務用SOFCシステムの2017年市場投入を目指す。

今回採択されたテーマは、デンソーによる「固体酸化物形燃料電池(SOFC)を用いた業務用システムの技術実証」および三菱日立パワーシステムズ・トヨタ自動車・日本特殊陶業による「円筒形SOFC-マイクロガスタービンハイブリッドシステムの市場投入に向けた技術実証」。

固体酸化物形燃料電池(SOFC:Solid Oxide Fuel Cell)は、電解質としてイオン伝導性セラミックスを用いており、作動温度は700~900度。燃料には水素の他に天然ガスなどが利用可能である。

採択テーマと実施予定先は下記の通り。

(※全文:1,472文字 画像:あり 参考リンク:あり)

  • まだ会員登録されてない方

    新規会員登録無料
  • 既に会員登録されている方

    ログイン

会員登録3つの特典

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2018 日本ビジネス出版. All rights reserved.