> > 東京電力など4社、電気料金を2016年夏に値上げ 標準家庭で月額12~26円増

東京電力など4社、電気料金を2016年夏に値上げ 標準家庭で月額12~26円増

 印刷 記事を保存

東京電力(東京都千代田区)・北陸電力(富山県富山市)・中国電力(広島県広島市)・沖縄電力(沖縄県浦添市)の4社は1日、2016年4月の地球温暖化対策税の税率引上げに伴い、住宅用など低圧供給の顧客を対象とする料金改定の届出を経済産業大臣へ行った。

各種料金の変更は、東京電力・北陸電力・中国電力においては来年6月1日から、沖縄電力においては来年8月1日から適用される予定。標準家庭の1カ月あたりの電気料金(モデル料金)における影響額では12~26円の値上げとなる。

また、4社は、電化住宅向けのメニュー等を規定する「選択約款」については、電力小売全面自由化が開始される2016年4月1日以降、電気事業法の規制を受けない自由化部門の料金メニューとなるため、契約内容の一部を変更する届出を合わせて行った。

(※全文:1,101文字 画像:なし 参考リンク:あり)

  • まだ会員登録されてない方

    新規会員登録無料
  • 既に会員登録されている方

    ログイン

会員登録3つの特典

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2018 日本ビジネス出版. All rights reserved.