> > ポルシェもEVスポーツカー 約10億ユーロの投資を決定、2020年末に発売へ

ポルシェもEVスポーツカー 約10億ユーロの投資を決定、2020年末に発売へ

記事を保存
ポルシェもEVスポーツカー 約10億ユーロの投資を決定、2020年末に発売へ

ドイツの高級車メーカー、ポルシェAGは、4日の監査役会において、同社初となる電気自動車(EV)のスポーツカー「ミッションE」のプロジェクトを推進することを決定したと発表した。このEVは2020年末までに発売する予定。

本プロジェクトのために、約10億ユーロ(約1340億円)の投資を決断し1,000人以上を追加雇用する。

航続距離は500km以上。15分で80%相当を充電

ミッションEコンセプトカーは9月に開催されたフランクフルト国際モーターショー(IAA)で初公開された。4人乗りEVセダンで、出力は600PS(440kW)。これにより0‐100km/h加速を3.5秒以下でこなし、500km以上の航続距離を可能とする。この車専用に開発された800Vのチャージャーユニットは、現代の一般的なクイックチャージの2倍に相当する。これを介して、車両フロア部に搭載されたリチウムイオンバッテリーはわずか15分の充電で最大航続距離の80%に相当するエネルギーを充電することができる。

エモーショナルなデザインに魅せられた観客も多かったという。「Eパフォーマンス」というキャッチフレーズとともに、すぐれたパフォーマンスと最上級の実用性の両立を目指した。

同社取締役会社長のDr.オリバー・ブルーメ氏は「我々は電気モビリティに対して堅い決意のもと挑戦する。EVスポーツカーの分野においてもポルシェの哲学は揺らぐことなく、顧客に対してマーケットの中で最もスポーティで技術的に洗練されたモデルを提供していく」と語る。

ドイツ自動車産業の中心地で投資と雇用を拡大

ミッションEは、ドイツ自動車産業の中心でもあるシュトゥットガルト-ツッフェンハウゼンの工場で生産される。本プロジェクトによって、同地域だけでも1,000以上の新しい雇用が見込まれている。この本社工場付近だけでも約7億ユーロの投資が行われる。今後数年のうちに新しい塗装工場と組立工場が建設され、現行のエンジン工場は電気モーター生産のために拡張される。現在稼働中のボディ工場も拡大される。さらにヴァイザッハのR&Dセンターなど、別の地域への投資も行われる。

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.