> > 木質バイオマス燃料を2.1万t貯蔵 愛知県に日本最大クラスのストックヤード建設へ

木質バイオマス燃料を2.1万t貯蔵 愛知県に日本最大クラスのストックヤード建設へ

記事を保存
木質バイオマス燃料を2.1万t貯蔵 愛知県に日本最大クラスのストックヤード建設へ

バイオマスパワーコンサルタント(BPC、東京都中央区)は8日、愛知県に火力発電用木質燃料のストックヤードを建設する計画を発表した。建設規模は日本最大クラスの約4,000坪で、年間のべ60万トンの木質燃料の受入・供給が可能。2016年1月に着工予定で、完成は2017年夏を目標に揚げる。

同社は、バイオマス発電事業のコンサルタントおよびそれに関わる燃料の生産・輸入・販売を行っており、困難とされる木質バイオマスの安定供給基盤の強化を目的とした「BPCバイオマスプロジェクト」を本年3月に開始した。

本プロジェクトでは海外生産工場への投資のほか、国内では現状日本最大規模を誇る年間15万トン生産可能な木質ペレット燃料生産工場の建設を8月に開始している。

ストックヤードは、6棟の建屋より構成される予定。1棟当たり幅35m、奥行き60mの大きさで、燃料置き場を10カ所に仕切る構造である。中には発電用燃料として、木質ペレット90%、PKS(パームヤシ殻)等が10%の割合で合計約21,000トン貯蔵でき、これは50MWクラスの木質ペレット専焼火力発電所1基あたりの4週間分の燃料に値する。同社は木質ペレットをメインにここから日本各地の火力発電所に販売していく。

同社は、このストックヤードが発電所の安定稼働だけではなく燃料生産側の稼働計画にも大きな役割を果たすとともに、輸入燃料の価格と供給の安定を図ることができる理想的なストックヤードであると説明する。同社はこのストックヤードを、本プロジェクトの主要施設と位置付け、新エネルギー産業の展開に対応した施設建設を進めていく考えだ。

バイオマスパワーコンサルタント(BPC)は2014年5月の設立。バイオマス燃料関連事業を手掛ける日本バイオマス燃料東京都中央区)と、バイオマス火力発電所で使用する燃料の成分検査などを行っている一般社団法人イーアールアイ検査機構(東京都中央区)のグループ会社である。

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.