> > 東工大、太陽光発電量を予測する最新技術を発表 電力系統の安定化に寄与

東工大、太陽光発電量を予測する最新技術を発表 電力系統の安定化に寄与

 印刷 記事を保存

2015年12月8日、東京工業大学は、太陽光発電量の信頼度付区間予測という最新の予測手法を活用した電力系統需給制御の基礎技術を開発したと発表した。

国内では、今年3月までに既に20ギガワットの太陽光発電設備が導入されているが、太陽光発電は天候の変化などによって発電量が大きく変動する。そのため、電力系統の需給バランスを維持するには、太陽光発電量を予測し火力発電などの調整用電源や蓄電池を用いて調整する必要があるが、しばしば大きな予測誤差が生じる。こうした予測誤差により電力系統全体の需給バランスが崩れた場合、停電などのトラブルや、電力の安定供給が懸念される。

一定時間ごとに「信頼度」付きで予測

今回開発された技術は、太陽光発電を大量導入する際に、最新の予測技術である信頼度付区間予測を用いて、電力系統全体の需給をバランスよく維持できる基礎制御技術だ。

信頼度付区間予測とは、日射量などの気象観測データにより信頼度付区間として太陽光発電量を予測する最新の手法だ。下図に示される帯状区間は、どの程度の確率で予測量の時系列軌道が区間内を通過するかに基づいて色分けされている。

(※全文:1,317文字 画像:あり 参考リンク:あり)

  • まだ会員登録されてない方

    新規会員登録無料
  • 既に会員登録されている方

    ログイン

会員登録3つの特典

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2018 日本ビジネス出版. All rights reserved.