> > 東京都内で「地産地消エネルギー」促進フォーラム 熱利用の実証データなど共有

東京都内で「地産地消エネルギー」促進フォーラム 熱利用の実証データなど共有

記事を保存

NEPCは、地産地消型再生可能エネルギーを推進するため、事業者間の実証データの共有を促す場として、「平成27年度再生可能エネルギー熱利用促進フォーラム」を都内で来年1月に開催する。

イベント概要は、以下のとおり。

平成27年度再生可能エネルギー熱利用促進フォーラム

日時

2016年1月21日(木)10:00~16:30 (開場 9:30)

場所

TKP東京駅大手町カンファレンスセンター、ホール22E(フォーラム会場)、カンファレンスルーム22D(パネル展示会場)(東京都千代田区大手町1-8-1 KDDI大手町ビル22階)

参加費

無料

プログラムは、熱の有効利用を巡る政策動向、取り組みの事例、高度利用に向けた課題、推進方策などについての紹介、パネルディスカッションなど。

また、経済産業省資源エネルギー庁、新産業・社会システム推進室室長の戸邉千広氏による「熱の有効利用とエネルギー政策の動向」についての講演や、ホテルニューアワジによる「神戸ベイシェラトンホテル&タワーズ再生可能エネルギー複数熱源有効システム実証事業」についての事例説明なども予定されている。

東日本大震災以降、日本では省エネルギー・再生可能エネルギーをこれまで以上に推進する必要性が高まっている一方で、エネルギー需要の半分程度を占める熱の利用に関して、再生可能エネルギー熱の利用拡大も求められている。

この状況下でNEPCは、再生可能エネルギー熱利用加速に向けた従前の取組に加え、2013年度から複数の再生可能エネルギー熱源や蓄熱槽、下水・河川等の公共施設などを有機的に利用する高効率システムの構築に向けた補助事業を開始した。

NEPCは、同フォーラムによって事業者の様々な再生可能エネルギー熱の高度利用に向けた取り組みが活発になることを期待している。

【参考】
NEPC - 「平成27年度再生可能エネルギー熱利用促進フォーラム」の開催について

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.