> > 太陽光発電カーポートのジャパンエネルギーグループ、支払い遅延で事業停止

太陽光発電カーポートのジャパンエネルギーグループ、支払い遅延で事業停止

記事を保存

帝国データバンクは、ジャパンエネルギーグループ(岡山県岡山市)が支払い遅延により、12月15日に従業員60名を解雇し事業を停止したと発表した。

同社は、2013年5月に設立された太陽光発電システムの卸売業者。太陽光発電パネルをカーポートの上に設置する「ZEROPORT(ゼロポート)」を自社で開発し、設計から施工まで対応する販売網を構築し、販売初年度の2014年5月期には年売上高約11億1500万円を計上した。

また、同社は250Wの太陽光発電パネル4枚を、1枚の1,000Wパネルとしてユニット化した「エナジーパネル」を開発した。従来のメガソーラー建設にかかる施工コスト削減や、工期の短縮や現場に持ち込む部材削減を目指した。

東京、大阪、福岡など大都市圏に営業拠点を設置し、顧客開拓を進める一方で、メガソーラー設置用の土地情報の提供サービスにより、2015年5月期の年売上高は約52億800万円まで急増した。

また、今年11月には備前市に、敷地約9000平方メートル、建物延べ約3730平方メートルの大型の物流拠点を開設し、事業拡大を図る計画が進行していた。

帝国データバンクによると、2015年5月期末時点での負債額は約28億4000万円で、物流拠点の新設に伴う借入金などがあり、今後さらに増大する可能性があると見ている。

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.