> > NEDOの研究開発成果、市場に与えた効果はどれぐらい? 調査者募集

NEDOの研究開発成果、市場に与えた効果はどれぐらい? 調査者募集

記事を保存
NEDOの研究開発成果、市場に与えた効果はどれぐらい? 調査者募集

新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)は、NEDOが投資してきた開発事業の成果が社会にもたらす効果・便益の可視化・体系化を行うため、この開発成果を調査する企業を、2015年12月16日から2016年1月5日まで募集する。

この事業の名称は「NEDOプロジェクトから実用化した製品やプロセスに関する可視化・俯瞰に関する検討」。この事業では、NEDOの研究開発プロジェクトから生み出された開発成果がコア技術として活用された製品・プロセスなどを「NEDOインサイド製品」と定義して、下記2点の業務を実施する。

業務は製品のピックアップと、その市場調査

1. 既存 NEDO インサイド製品に関する再試算

既存のNEDO インサイド製品109点に対して、NEDO プロジェクト実施者や業界団体へのアンケート・文献などのデータを活用し、製品としての売上実績・将来の売上予測・便益・波及効果などについて、現在の情勢を反映した再試算を行う。これにより、現在NEDOウェブサイトで公表している「NEDOインサイド製品 2015」の改訂を行う。また、必要に応じて、製品の統廃合も検討する。

2. 新規 NEDO インサイド製品の追加と試算

これまでの研究開発プロジェクトの開発成果を対象とし、新規NEDOインサイド製品の調査を行い、2015年度に3 製品程度、2016年度に7製品程度の追加を行う。追加された NEDOインサイド製品については、1. と同様に試算・取りまとめを行う。

なお、現時点ではNEDOインサイド製品ほどの効果をもたらしていない開発成果のうち、将来的にNEDOインサイド製品となりうる便益が期待される開発成果についても、NEDOプロジェクトの貢献・今後期待される便益についての簡単な取りまとめを行う。

2年間かけて調査

本事業の対象者は団体を含む企業。公募期間は2015年12月16日から2016年1月5日まで。実際の調査期間はNEDO が指定する日(2015年度)から2017年3月17日までの2 年間(複数年度契約)。調査事業の予算額は2,000万円以内。

また、2015年度終了時には、中間年報の電子ファイル(PDF)を、2016年度終了後には、成果報告書の電子ファイルを所定の期日までに提出する必要がある。

なお、この調査事業は、2015年度と2016年度の政府予算に基づき実施するため、公募の内容や採択後の実施計画、概算払の時期などが変更されることがある。

また、NEDOでは、この調査事業の公募にあたり、説明会を実施する。事前登録は不要(説明会への参加は任意)。日時は2015年12月21日(月)。神奈川県川崎市のミューザ川崎セントラルタワー20階2002会議室にて、13時30分~14時30分に行われる。

事業への応募については、NEDOのウェブサイトから、提案書類をダウンロードし、作成後3部をFAXかE-mailにて送付する。

これまでの調査結果(製品一覧)もダウンロード可能

NEDOでは、同様の調査事業を2004年度より実施している。しかし、これまでの追跡調査は研究開発プロジェクト終了後、約5年間にわたる開発成果の動向把握であったため、研究開発プロジェクト終了後6年以上経過し、製品やプロセスになり広く社会に活用されている開発成果については、これまで十分に把握できていなかった。

そのため、NEDOでは2009年度より、「NEDOインサイド製品」のピックアップとその売上実績、将来の売上予測、便益(CO2削減効果、一次エネルギー削減量等)や波及効果などの試算を行ってきた。

「NEDOインサイド製品」 の売上実績・予測

「NEDOインサイド製品」 の売上実績・予測

現在、これらの「NEDOインサイド製品」は、NEDOのウェブサイト上からダウンロードし、一覧を参照することができる。再生可能エネルギー機器省エネルギー機器、半導体・電子部品など、多岐にわたる製品が取りまとめられており、前年度までの売り上げ実績や、これからの売上予測も記載されている。

【参考】
NEDO - 身近な所にNEDO技術(NEDOインサイド製品)
NEDO - NEDOインサイド製品2015 ―身近な所にNEDO技術― PDFダウンロード(PDF)

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.