> > 二国間クレジットのFS調査、新たに8件決定 海外展開する省エネ・再エネ技術

二国間クレジットのFS調査、新たに8件決定 海外展開する省エネ・再エネ技術

 印刷 記事を保存

新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)は、今年9月から開始していた「平成27年度地球温暖化対策技術普及等推進事業(JCMプロジェクト実現可能性調査)」に係る公募について、委託予定先を決定し、公式ウェブサイト上にて発表した。

再エネ利用や省エネ化など8件

今回、同事業の委託先予定として8件が採択された。詳細は以下の通り。

  • モルディブ共和国:離島型風力発電プロジェクトの案件調査(駒井ハルテック)
  • チリ共和国:火力発電所への太陽熱エネルギー供給プロジェクトの案件調査(千代田化工建設)
  • タイ国:高効率火力発電プロジェクトの案件調査(三菱総合研究所)
  • サウジアラビア王国:二酸化炭素の回収・貯留・利用(CCUS)プロジェクトの案件調査(日本総合研究所)
  • カンボジア王国:超軽量太陽電池モジュールによる経済特区メガソーラー開発プロジェクトの実現可能性調査(日本開発政策研究所・旭硝子・アジアゲートウェイ)
  • ベトナム国:水エネルギーによる空調省エネ促進プロジェクト - UCHIMIZU(打水)の案件調査(サニコン)
  • インドネシア共和国:省エネ型複合産廃処理熱回収システム実証事業プロジェクトの案件調査(DOWAエコシステム・八千代エンジニヤリング)

(※全文:1,811文字 画像:なし 参考リンク:あり)

  • まだ会員登録されてない方

    新規会員登録無料
  • 既に会員登録されている方

    ログイン

会員登録3つの特典

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2018 日本ビジネス出版. All rights reserved.