> > 東京都おススメの産廃事業者はコレ! 「産廃エキスパート」など、81社追加

東京都おススメの産廃事業者はコレ! 「産廃エキスパート」など、81社追加

記事を保存
東京都おススメの産廃事業者はコレ! 「産廃エキスパート」など、81社追加

東京都は21日、2009年度から実施している優良な産業廃棄物処理事業者を認定する第三者評価制度「産廃エキスパート」・「産廃プロフェッショナル」において、2015年度の認定業者を決定したと発表した。

今回認定したのは、産廃エキスパート(トップランナー的業者)50社、産廃プロフェッショナル(中核的役割を担う優良業者)31社の計81社。認定を受けた事業者は、認定ロゴマークが使用できる。

この制度では、第1回の認定を2010年2月に実施。今回は7回目の認定で、認定期間満了となる平成24年度更新認定事業者の更新、2013年度新規認定業者の更新と新規業者の申請を対象に認定した。

認定業者の総数(2015年12月21日時点)は、産廃エキスパートが166社、産廃プロフェッショナルが92社の計258社となっている。都は排出事業者に信頼できる処理業者として、認定事業者の情報をウェブサイトで公開している。

都では、認定業者の拡大に向けて、引き続き排出事業者等に対する認定業者の活用の促進や、処理業者を対象とした研修事業等の充実を図っていく。

「産廃エキスパート」・「産廃プロフェッショナル」とは

2009年10月に都が全国で初めて創設した、産業廃棄物処理業者の第三者評価制度(優良性基準適合認定制度事業)。産業廃棄物処理業者の任意の申請に基づき、適正処理・資源化・環境に与える負荷の少ない取組みを行っている優良な業者を、第三者評価機関として都が指定した(公財)東京都環境公社が評価・認定する制度である。

認定区分は「産廃エキスパート」と「産廃プロフェッショナル」。認定では、「遵法性」・「安定性」・「先進的取組み」について評価。認定基準は、ともに「遵法性」は100%を必須要件に、「産廃エキスパート」は安定性80%、先進的取組み60%、「産廃プロフェッショナル」は安定性70%としている。

目的は排出事業者に信頼できる処理業者情報の提供や、優良な処理業者の育成と適正処理の推進、健全な産業廃棄物処理・リサイクルビジネスの発展だ。

なお、有効期間については、認定を受けた日から起算して2年(新規)および3年(更新)を経過する日の属する年度の末日までとなる。今回新たに認定を受けた新規事業者は2015年12月21日から2018年3月31日まで(2年)、更新された事業者は2016年4月1日から2019年3月31日まで(3年)だ。

【参考】
東京都 - 「産廃エキスパート」・「産廃プロフェッショナル」の平成27年度の認定業者が決定

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.