> > 太陽光発電パネルからの落雪に注意 雪下ろし時は滑りやすい上に破損も

太陽光発電パネルからの落雪に注意 雪下ろし時は滑りやすい上に破損も

記事を保存
太陽光発電パネルからの落雪に注意 雪下ろし時は滑りやすい上に破損も

太陽光発電協会(JPEA)は、12月22日より、太陽電池パネルからの落雪事故を未然に防止するため、注意を促している。

同協会が行う注意喚起は、下記のとおり。

1. 地域ごとの気象条件や、設置状況を考慮した落雪事故防止処置を行う。

具体的な落雪事故防止の方法については、降雪量や頻度、雪質など地域ごとの気候条件や屋根の仕様等により異なるため、地元の状況に詳しい太陽光発電システムの設置業者、工務店、屋根工事店などに相談し、適切な処置を行う。

落雪によるトラブルとして、太陽電池パネルから大量の雪が勢い良く落ちて来たことで、「車の屋根がへこんだ」「隣家の庭の植木を折った」「屋外に設置していた給湯器などの設備を壊した」「テラスの屋根が壊れた」「子供に怪我をさせた」などの事例が報告されている。

2. 雪止め工事など対策済みの太陽電池パネルでも、雪が積もった時には用心する。

屋根に雪止め工事等の対策処置が施されている場合でも、その日の気象条件によっては雪が滑り落ちてくる可能性がある。太陽電池パネルの表面はほとんどが滑らかなガラスで覆われているため、雪が滑り易く大量に落雪する場合もある。 普段より多めの降雪時や、天候かが回復して雪がとけ始める時などには、「屋根の下に車をとめない」「不用意に軒下に立ち入らない」などに注意する。

3. 太陽電池パネル上での雪下ろしをする際には専門業者に相談する。

太陽電池パネル上での雪下ろしは足元が滑り易く、また、破損の恐れがあるため原則として行わないようにする。やむを得ず雪下ろしが必要な場合は、太陽光発電システムの設置業者や、工務店、 屋根工事店など、専門業者に相談する。


同協会は、2014年に落雪事故の事例報告を受けた資源エネルギー庁の要請を受け、昨年からこの事故を未然防止するための注意喚起を行っている。

【参考】
JPEA - 太陽電池パネルからの落雪事故防止について(PDF)

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.