> > 秋田県で計画中の風力発電所、騒音や風車の影などで指摘

秋田県で計画中の風力発電所、騒音や風車の影などで指摘

 印刷 記事を保存

環境省は12月25日、ウェンティ・ジャパン(秋田県秋田市)が、秋田県で実施予定の総出力66,000kW未満の風力発電事業に係る環境影響評価準備書に対する環境大臣意見を経済産業大臣に提出した。

本事業では、各環境要素の予測において、騒音の環境基準値を超過するなどの結果が得られており、近隣住民に対して、風力発電設備の稼働に伴う騒音や風車の影による重大な影響が懸念されている。

そのため、環境大臣意見では、設置基数や配置などの見直し、それらを踏まえた調査・予測・評価を再度実施することなどを求めている。

(※全文:1,210文字 画像:なし 参考リンク:あり)

  • まだ会員登録されてない方

    新規会員登録無料
  • 既に会員登録されている方

    ログイン

会員登録3つの特典

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2018 日本ビジネス出版. All rights reserved.