> > 北海道の大型蓄電システム、実証稼働開始 火力発電の代わりに電気を調整

北海道の大型蓄電システム、実証稼働開始 火力発電の代わりに電気を調整

記事を保存
北海道の大型蓄電システム、実証稼働開始 火力発電の代わりに電気を調整

北海道電力(北海道札幌市)と住友電気工業(大阪府大阪市)は、共同で進めてきた、北電南早来変電所における大型蓄電システムの設置工事を完了し、2015年12月25日より実証試験を開始した。

この実証設備の蓄電容量は、定格出力15,000kW、容量60,000kWhで、レドックスフロー電池としては世界最大級の規模だ。設備の設置工事は、2013年7月から2015年12月まで行われてきた。

同2社は共同で、この実証設備を用い、風力発電太陽光発電出力変動に対する新たな調整力としての性能を実証し、最適な制御技術の開発等に取り組む。

実証試験の項目は下記のとおり。

1. 蓄電池を周波数調整用電源とみなした周波数変動抑制制御手法の開発

これまで火力発電や水力発電が担ってきた周波数調整機能と大型蓄電システムを組み合わせることにより、周波数調整力に与える効果を検証

2. 蓄電池による、余剰電力(下げ代)対策運転手法の開発

風力発電や太陽光発電の出力予測等に基づき、大型蓄電システムを効果的に運転することにより、再生可能エネルギーの出力増加に伴い発生する余剰電力を減少させる効果を評価

余剰電力(下げ代)対策運転の制御手法例

余剰電力(下げ代)対策運転の制御手法例
風力・太陽光発電の出力予測と需給計画に基づき、余剰電力発生を予測し、充電に必要な空き容量の確保や、放電計画を策定

3. レドックスフロー電池の性能評価

大型蓄電システムの性能評価、システム効率評価など


この実証事業は、経済産業省の「平成24年度大型蓄電システム緊急実証事業」の補助事業者として採択を受け実施されるもの。

実証事業期間は当初は2017年度末までの予定だったが、地質調査の結果等から、蓄電池建屋の建設に相応の期間を要すると判明し、1年間延長され、2019年3月までの約3年の予定で実施される。

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.