> > ノーベル賞中村氏のLEDランプ アイリスオーヤマも3月から販売

ノーベル賞中村氏のLEDランプ アイリスオーヤマも3月から販売

記事を保存
ノーベル賞中村氏のLEDランプ アイリスオーヤマも3月から販売

活用品製造卸のアイリスオーヤマ(宮城県仙台市)は、青色発光ダイオード(LED)の開発で2014年にノーベル物理学賞を受賞した中村修二氏らが共同創業した米国ソラー社(SORAA社)のLEDランプを3月より順次販売すると発表した。

SORAA社のLEDランプは、紫色の光を使用したGaN on GaN(窒化ガリウム基板)™LEDと3色の蛍光体により、赤・紫・シアン色のスペクトルに隙間がなく、完全な可視スペクトルの再現を実現している。

これにより、本来の色彩表現を可能にし、衣料品、化粧品、紙、家電製品などの微妙な白さの違いが区別できる照明を可能とした。さらに、これまで使用されてきた他の光源とは違い、人体に有害な紫外線の波長の放射もないという。

VP3 NATURAL WHITE(TM)

VP3 NATURAL WHITE™

MR16ランプ

MR16ランプ

SORAA社は、点光源のGaN on GaN™LEDを使用したランプとマグネットを利用した簡易アタッチ面とを組み合わせることにより、光色や光の広がり、形を変えることできる製品を展開している。例えば、MR16ランプは、世界でトップクラスの高効率なLEDを利用し、大きさもハロゲンと同等で調光可能、そして密閉器具にも使用でき、効率の悪いハロゲンランプの代替には最適な製品である。

アイリスオーヤマは、今後SORAA社のLEDランプを自社製品に加え、製品ラインアップを拡大することで、アパレルショップやホテル、カーディーラーなどの専門店への提案の幅を広げていく。

同社は、2009年よりLED照明市場に参入し6年目を迎える。商品開発力と製造・販売(メーカーベンダー)による広範囲な販売ネットワークを活かし国内シェアを高めてきた。今後は、より専門店業態への販路を拡大するために、「光の質」の付加価値を併せ持つ製品展開を図っていく。

なお、同社は、1月13日(水)~2016年1月15日(金)に東京ビックサイトで開催される、ライティング ジャパン2016に出展し、今回発表するSORAA社のLEDランプを展示する。

SORAA社が、LEDランプの製造で採用している、窒化ガリウム(GaN)の基板上に窒化ガリウム(GaN)層を堆積させた独自のGaN on GaNは、従来デバイスよりも1,000倍以上も格子欠陥の少ない完璧な結晶構造を生み出すことができる。これにより、この技術により、LEDランプで、前述のような本来の色彩表現やナチュラな白色表現、はっきりした影を作り出すことを可能にしている。

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.