> > 自治体の「生物多様性の保全」に補助金 環境省が2016年度分を公募

自治体の「生物多様性の保全」に補助金 環境省が2016年度分を公募

記事を保存
自治体の「生物多様性の保全」に補助金 環境省が2016年度分を公募

環境省は1月15日、生物多様性保全活動を支援する「生物多様性保全推進支援事業」について、2016年度の事業を募集すると発表した。

本事業では地域における生物多様性の保全・再生活動などに必要な経費の一部を国が交付する(国費1/2以内)。

なお、企業は単独では応募できず、市や自治体などと提携し、地域生物多様性協議会(協議会)を設置しなければならない。

対象となる事業は、下記の通り。

1.国内希少野生動植物対策

絶滅のおそれのある野生動植物の保護対策で、国の生物多様性保全施策の観点から保全対策推進の必要性が高い事業。

2.特定外来生物防除対策

特定外来生物への指定を検討している外来生物の防除など、国の生物多様性保全施策の観点から保全対策推進の必要性が高い事業。

3.重要生物多様性保護地域保全再生

国立公園やラムサール条約湿地、世界自然遺産、ユネスコエコパークなどにおける事業であって、国の生物多様性保全施策の観点から保全対策推進の必要性が高い事業。


応募の概要は以下の通り。

公募対象

企業と自治体から成る地域生物多様性協議会(協議会)。

応募書類・提出方法

環境省のウェブサイトから公募要領の応募申請書に必要事項を記入し、各地方環境事務所・自然環境事務所に提出する。

応募締切

2月5日(金)

生物多様性の保全は地球の豊かな資源を保護するために必要なほか、その地域に住む人々の生活環境を向上させることにもつながる。各地方自治体には積極的な保全活動への参加が期待されている。

【参考】
環境省 - 平成28年度生物多様性保全推進支援事業の公募について

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.