> > 「自家消費」特化型の太陽光発電システム 売電時のロス無くFITより早く投資回収

「自家消費」特化型の太陽光発電システム 売電時のロス無くFITより早く投資回収

 印刷 記事を保存

慧通信技術工業(兵庫県神戸市)は、太陽光発電システムと蓄電システムを組み合わせた「産業用オフグリッドシステム」を開発し、1月17日より販売を開始した。

同社の「産業用オフグリッドシステム」は、完全自家消費型の太陽光発電システム。発電した電気をそのまま自社で活用する事で、電力基本料金や、CO2排出量を削減でき、災害時や緊急時にも一定の電力を供給できる。

自家消費することで売電時のロスがない!

このシステムには、同社が開発した蓄電システム「独立電源パーソナルエナジー®」を組み込んでおり、太陽光発電や風力発電などの外部電源のみで、電力会社に頼ることなく電力を供給できる。

もちろん、全量を電力会社に売電する固定価格買取制度(FIT)を利用する目的で導入することも可能だ。固定価格買取制度を利用した場合と、産業競争力強化法「生産性向上設備投資促進税制」による特別償却を利用した場合の、費用や電気料削減額、回収年数などの試算は下表の通り(システム設置容量40kWの場合)。

(※全文:824文字 画像:あり 参考リンク:なし)

  • まだ会員登録されてない方

    新規会員登録無料
  • 既に会員登録されている方

    ログイン

会員登録3つの特典

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2018 日本ビジネス出版. All rights reserved.