> > 「安全・安価・大容量」のマグネシウム蓄電池、埼玉県の研究施設が実用化に目途

「安全・安価・大容量」のマグネシウム蓄電池、埼玉県の研究施設が実用化に目途

記事を保存

埼玉県産業技術総合センター(SAITEC)は、1月19日、室温で使用でき、かつ安全なマグネシウム蓄電池の実用化につがなる研究成果を得たことを発表した。

スマートフォンやノートパソコン、タブレットなど身の回りの小型民生用機器に使用されるリチウムイオン電池は、電池容量の拡大が限界に近づいていることや、原料のリチウムの安全性が低く発火などの危険性があること、レアメタルで高価であることなど、課題を持つ。

マグネシウムはリチウムに比べ、資源が豊富で地域偏在性がないこと、また、危険性が低く安全であり、リチウムイオン電池に比べ2倍を超える大容量化が見込めるといった長所がある。

これまで世界中の様々な研究機関が、マグネシウム蓄電池の研究に取り組んできたが、室温で使うには安全面に不安があることや、充放電の繰り返しによる劣化などの課題があり、実用化レベルには達していない。

同開発では、これまで行ってきた研究成果である新材料を使用した正極と、新しい電解液を組み合わせることでマグネシウム蓄電池の安全性や大容量といった長所はそのままに、室温での動作の安全性を確保し、充放電の繰り返しによる劣化の減少に初めて成功した。電解液については新たな特許も出願済みだ。

同研究機関はマグネシウム蓄電池の研究開発で、2008年度から2011年度にかけてはNEDOの委託事業に採択され、マグネシウム蓄電池の正極材料を開発し、特許を取得した(2014年3月)。その後、この成果をベースに県内企業と正極材料、電解液についての共同開発を行ってきた。

今後、さらに電池メーカーや県内企業等と共同開発を行い、マグネシウム蓄電池の製品化を目指し、リチウムイオン電池の代替電池として大きな市場を見込み、製品開発を進める。

同県では、大学・研究機関等の先端的な研究シーズと企業の優れた技術を融合させ、実用化・製品化・事業化を強力に支援する「先端産業創造プロジェクト」を2014年度からから実施している。同研究開発は、このプロジェクトの新エネルギー分野の一環として行われたもの。

【参考】
埼玉県 - 先端産業創造プロジェクト“マグネシウム蓄電池” 世界初の実用化に目途

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.