> > 東京都、太陽光発電でスマホ充電できる「マルチエコスポット」の設置事業者募集

東京都、太陽光発電でスマホ充電できる「マルチエコスポット」の設置事業者募集

記事を保存

公益財団法人・東京都環境公社(東京都墨田区)は、ヒートアイランド現象の軽減を目的とした遮熱性舗装の整備やクールスポットの導入などを促進するため、太陽光発電パネルで発電した電気を複合的に利用し、夏季にはドライ型ミストによって涼も得られるマルチエコスポットを設置する事業者を募集する。

マルチエコスポットとは?

マルチエコスポットとは、太陽光発電パネル、ドライ型ミスト、分煙機、排気設備等を有した休憩所など複合的な機能を有する暑熱対応施設のこと。太陽光発電設備で発電した電気を活用したドライ型ミストの設置等によるクールスポットとして利用できる。

なお、同事業におけるマルチエコスポットは「開放型マルチエコスポット」と「密閉型マルチエコスポット」の2種を意味する。

「開放型」は、外部空間に対して開放された構造であり、喫煙設備およびこれに付随する設備を設置しない。「密閉型」は、天井および壁に囲まれ外部空間に対して閉鎖された構造であり、喫煙設備およびこれに付随する設備を設置する。

対象となる事業者

開放型および密閉型の2種類のマルチエコスポットの設置を実現することのできる総合的な企画力、技術力、資金力および経営能力を有している事業者であること。また過去に喫煙所、クールスポット、太陽光を活用した携帯端末充電スタンドその他など、類似する施設の設置に係る実績があること。

公社が提案する設置場所

  • 新虎通り北側歩道(東京都港区西新橋二丁目または東京都港区新橋四丁目)に1ヶ所。接地面積は約10平方メートル程度。設置するのは、開放型マルチエコスポット(禁煙タイプ)であること。
  • 新虎通り北側歩道残地(東京都港区新橋四丁目)に1ヶ所。接地面積は約20平方メートル程度。設置するのは、密閉型マルチエコスポット(喫煙タイプ)であること。

設置スケジュール

マルチエコスポットの設置は、2016年8月31日までに完了させ、公社に引渡すこと。ただし、公社が必要と認めた場合には、2017年3月31日を限度に設置スケジュールを延長することができる。

応募・審査についての詳細

応募希望者は必要書類を揃えて2月15日(月)までに公社の地球温暖化防止活動推進センターへ提出すること。なお、郵送の場合でも提出の際には電話で一報する必要がある。

事業者の審査には書類審査と企画についてのプレゼンテーション審査が行われる。プレゼンテーションは2016年2月22日(月)から23日(火)までの間のいずれかの日に行われる。場所は東京都庁舎内会議室。時間は20分程度。1企画につき4名まで参加できる。

【参考】
クール・ネット東京 - マルチエコスポット設置事業実施に当たり設置事業者を募集します。

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.