> > 政府の排出する温室効果ガス 2013年度は2012年度に比べ増える

政府の排出する温室効果ガス 2013年度は2012年度に比べ増える

 印刷 記事を保存

2013年度における政府の事務・事業に伴い排出された温室効果ガス総排出量は1,768,306t-CO2で、政府の実行計画の基準年度(2001年度)における総排出量の推計(1,998,202 tCO2)に比べ11.5%減少を達成したが、前年度に比べ12.5%増加したことがわかった。

地球温暖化対策推進法に基づく、「政府がその事務及び事業に関し温室効果ガスの排出の抑制等のため実行すべき措置について定める計画」(以下「政府の実行計画」)の実施状況等について、今般、地球温暖化対策推進本部幹事会にて点検し、取りまとめた結果を経済産業省が発表した。

現行の政府実行計画では、政府の事務・事業に伴い排出された温室効果ガス総排出量は、平成22~24年度までの総排出量の平均を平成13年度比で8%削減することを目標に掲げており、当面、新たな政府実行計画の策定に至るまでの間も、この計画に掲げられたものと同等以上の取組みを推進するとされている。

(※全文:1,715文字 画像:なし 参考リンク:あり)

  • まだ会員登録されてない方

    新規会員登録無料
  • 既に会員登録されている方

    ログイン

会員登録3つの特典

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2018 日本ビジネス出版. All rights reserved.