> > 環境省、アジア開発銀行にJCMやL2‐Techなど紹介

環境省、アジア開発銀行にJCMやL2‐Techなど紹介

記事を保存

環境省は、アジア開発銀行(ADB)と2016年1月18日(月)~19日(火)にフィリピン国マニラのADB本部にて、「第2回日本国環境省・アジア開発銀行環境政策対話」を開催し、その対話の結果を1月26日に公式ウェブサイト上で発表した。

今回の対話では、両機関が、政策動向や環境協力、低炭素技術移転、JCM日本基金などのテーマを中心に互いの近況や課題等を共有し、意見交換を行った。またそれらを踏まえた上で、両機関の環境協力における進展および政策の動向などを確認し合った。

各テーマの具体的な対話内容

両機関の政策動向および環境協力に関する協議について

気候変動および二国間クレジット制度(JCM)、持続可能な開発目標(SDGs)、廃棄物管理および資源効率、環境影響評価(EIA)、アジア・リーダーシップ・プログラム(ALP)の各テーマに関して、環境省・ADBから最近の取組等の政策動向やアジア太平洋地域における国際協力の状況等の説明が行われ、今後の環境協力の可能性について協議した。

低炭素技術移転について

また、低炭素技術移転に関しては、環境省からは途上国に対する低炭素技術移転の政策としてJCMおよびL2-Techの紹介があり、ADBからはClimate Technology Finance Centerの取組に関する紹介等があった。

JCM日本基金について

JCM日本基金に関しては、環境省とADBの各地域・民間部門担当業務局との間で、JCMの動向に関する情報共有およびJCM日本基金の候補プロジェクトに関する情報交換、協議が行われた。

「第2回日本国環境省・アジア開発銀行環境政策対話」とは

同対話は、2015年6月に、政策対話をベースに両機関がアジア太平洋地域の環境的に持続可能な開発の促進に協力していくことに合意したため、それに基づき第1回政策対話を開催したことから始まった。

両機関は今回、引き続き環境協力を一層推進することで合意した。今後、同政策対話は毎年、定期的に開催される予定だ。

【参考】
環境省 - 第2回日本国環境省・アジア開発銀行環境政策対話の結果について

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.