> > 荒廃した第一種農地を太陽光発電に転用 売電収入は地元農林漁業の貢献策に

荒廃した第一種農地を太陽光発電に転用 売電収入は地元農林漁業の貢献策に

記事を保存

いちごグループホールディングスは29日、茨城県取手市にて計画を進めている、2つの太陽光発電所について、農山漁村再生可能エネルギー法に基づく、太陽光発電設備の建設を目的とした設備整備計画の認定(農地転用承認)を取得したと発表した。

本事業では、同法に基づき、取手市が中心となり運営する協議会を立ち上げ、発電開始後は、売電収入の一部を協議会へ供出し、地元農林漁業の発展のために活用する。地元農林漁業への貢献策を盛り込むことで、原則として認められていなかった第一種農地の農地転用手続きを行い、太陽光発電設備を建設するもの。

(※全文:1,251文字 画像:なし 参考リンク:なし)

  • まだ会員登録されてない方

    新規会員登録無料
  • 既に会員登録されている方

    ログイン

会員登録3つの特典

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.