> > 企業の環境情報を投資家に開示するシステム 環境省が成果報告会を開催

企業の環境情報を投資家に開示するシステム 環境省が成果報告会を開催

 印刷 記事を保存

環境省は、企業の環境情報を投資家に活用してもらうための情報開示システムの構築に取り組んできた「平成27年度 環境情報開示基盤整備事業」の成果報告会を3月1日(火)に開催する。参加費は無料で誰でも参加できる。

本事業は、金融機関などが投資対象先企業の環境情報を適時かつ効率的に閲覧・分析・加工利用を可能とする「環境情報開示システム」を構築することを目指して、2013年度からの3カ年事業として実施しているもの。最終年度である本年度は、200社を超える企業、金融機関等が参加している。

本システムの整備は、企業が開示する環境情報が、Environment(環境)、Social(社会)、Governance(統治・ガバナンス)に配慮している企業等に投資するESG投資家等により積極的に活用されることを通じ、グリーン経済の構築および中長期的な企業価値向上に資することを狙いとしている。

この報告会では、環境情報開示システムの試行運用の結果や、今年度新たに導入した分析支援ツール等の内容とその運用結果などを報告する。また、国内外の投資家、グローバル企業、環境NGO、有識者によるパネルディスカッションにて本システムの利用可能性等を議論する予定で、企業の非財務情報開示に関心のある各方面の人達が広く参加できる内容となっている。

開催日時は3月1日(火)13:30~17:00。会場は秋葉原コンベンションホール(東京都千代田区)。定員は先着順で250名までだ。開催概要は下記の通り。

(※全文:1,268文字 画像:あり 参考リンク:あり)

  • まだ会員登録されてない方

    新規会員登録無料
  • 既に会員登録されている方

    ログイン

会員登録3つの特典

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2018 日本ビジネス出版. All rights reserved.