> > 太陽光発電の出力制御とHEMSのデマンドレスポンス、連携させる実証がスタート

太陽光発電の出力制御とHEMSのデマンドレスポンス、連携させる実証がスタート

記事を保存

富士通(東京都港区)は、多数の太陽光発電設備の発電出力の把握ときめ細やかな出力制御を行うシステムの構築を目的とする実証事業において、住宅機器をクラウドから制御する住宅用エネルギー管理システム(HEMS)の実証実験を開始した。

本実証事業は、東京電力が経済産業省の補助事業「次世代双方向通信出力制御緊急実証事業」の採択を受けて行っているもの。18の大学・企業等と協力して進められており、2015年12月から開始された。実証期間は2015年12月~2016年2月。

OpenADRとECHONET Liteを連携させる

具体的には、本実証事業では、早稲田大学EMS新宿実証センターに設置した出力制御指令発信サーバーと、東京電力サービスエリア内の太陽光発電設備等(8地点)を双方向通信で結び、リアルタイムで発電状況等を把握しながら、よりきめ細やかな太陽光発電システムの出力制御を行う。

(※全文:1,728文字 画像:あり 参考リンク:あり)

  • まだ会員登録されてない方

    新規会員登録無料
  • 既に会員登録されている方

    ログイン

会員登録3つの特典

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.