> > 関空の水素ステーションが完成、営業開始

関空の水素ステーションが完成、営業開始

記事を保存
関空の水素ステーションが完成、営業開始

岩谷産業 (東京都港区、大阪府大阪市)は、「イワタニ水素ステーション 関西国際空港」が、1月29日に完成したと発表した。同社はこれまで全国12ヵ所の水素ステーションを開所しており、今回の開所で13ヵ所目となる。空港施設に隣接した水素ステーションは国内初だ。

同水素ステーションは、新関西国際空港(大阪府泉佐野市)が「環境先進空港」を目指して推進する「スマート愛ランド構想」のひとつ、「水素グリッドプロジェクト」の一環として計画を進めていたもの。新関西国際空港より土地の提供を受け、岩谷産業が建設した。敷地面積は2,479平方メートル。

供給される水素は、同社の液化水素製造拠点であるハイドロエッジ(大阪府堺市)からローリーで輸送されるオフサイト方式が採用された。水素圧縮機はドイツ・Linde社製のものを採用。充填圧力は70メガパスカル(約700気圧)で、1時間当たり燃料電池車(FCV)6台がフル充填できる。

イベントスペース

イベントスペース

また、同ステーションには、大型のデジタルサイネージを設置したイベントスペースを併設しており、今後同社はセミナーや見学会など、水素エネルギー社会の早期実現に向けた啓発活動を行う予定だ。

なお、同国際空港が進める「水素グリッドプロジェクト」では、このほかにも、環境省の実証事業として、2015年2月より国際貨物エリア内にて、燃料電池フォークリフトおよび水素供給設備の実証試験が実施されている。同社は水素供給設備の開発・設置および、水素の供給を担当し、トヨタ自動車らと同事業に参画している。

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.