> > -60℃の冷凍庫~80℃の溶接工場でも使用できるLED照明が発売

-60℃の冷凍庫~80℃の溶接工場でも使用できるLED照明が発売

記事を保存
-60℃の冷凍庫~80℃の溶接工場でも使用できるLED照明が発売

サンエスオプテック(東京都中央区)は2016年2月4日、マイナス60℃の冷凍庫から、80℃の高温の溶接工場などで使用出来るLED照明「新ハイブライトボックス」を発売した。

同製品の特長は、下記のとおり。

  1. 専用電源やLEDチップも、部品すべてが日本製
  2. 表面カバーは、耐熱性ガラスを使用
  3. 本体は、耐熱処理加工
  4. 電源や配線関係も耐熱部品を使用
  5. 国内大手のLEDチップも80℃の高温でも溶けず、40,000時間対応可能な設計

通常のLED照明は、鉄工所や溶接工場などの高温になる環境では、劣化が早いという問題点がある。LED照明の寿命は半永久的と思われがちだが、特に80℃という環境下ではLEDチップや製品本体、照明の表面カバー、配線部材などから劣化し、使用できなくなる。

同社の従来のLED照明の耐熱温度はマイナス40℃から、高温は60℃までだった。今回の新製品は、照明本体だけでなく、部品をひとつひとつ選定し、温度によって劣化しやすいすべての部品に耐熱パーツを使用し、80℃という環境でも長時間使用できるLED照明を開発した。低温は、マイナス60℃にも対応できるよう、電源や部材の開発を行った。マグロなどを保管する超低温の冷凍庫にも使用可能だ。

また、クレーン車や工場内の移動式大型クレーンなどの振動・衝撃にも耐えうるように部材を補強・強化している。さらに、海の近くの工場でも使用できるよう、塩害対策製品としてカスタマイズすることもできる。

低温度倉庫などでは、これまでは−40℃までの使用が限界だったが、今回は−60℃のマグロなどを保管する超低温の冷凍庫でも対応可能なLED照明用の電源や部材から開発し、製品化した。

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.