> > 日産、J‐オイルミルズへ電気・熱を供給 コジェネレーションシステムの廃熱を活用

日産、J‐オイルミルズへ電気・熱を供給 コジェネレーションシステムの廃熱を活用

記事を保存
日産、J‐オイルミルズへ電気・熱を供給 コジェネレーションシステムの廃熱を活用

日産自動車(神奈川県横浜市)とJ-オイルミルズ(東京都中央区)、東京ガスエンジニアリングソリューションズ(東京都大田区)は、日産自動車横浜工場に設置するコージェネレーションシステムの廃熱を回収してつくった蒸気を、J-オイルミルズ横浜工場に供給する事業を2016年2月1日より開始した。

原油1400kL分、二酸化炭素5700トン分省エネ

同事業は、日産自動車横浜工場(鶴見区大黒町)に設置したコージェネレーションシステムの蒸気を、熱需要の大きいJ-オイルミルズへ供給することで、約3%の省エネルギー(原油換算年間1400kL)と約6%のCO2排出量の削減(年間5700t)を図るもの。

この取組みでは、業種と敷地が異なる企業の工場間において、蒸気を融通することでコージェネレーションシステムの効率を向上させ、省エネとCO2削減を同時に実現する。東京ガス管内では初めての試みだ。

横浜市の取り組み

横浜市は「環境未来都市」として、温室効果ガス削減の取組と地域経済の発展が両立するよう、京浜臨海部での企業連携によるエネルギー融通のコーディネートに取り組んでいる。同事業は、上記の取組の一つ。同市は、地球温暖化対策実行計画および成長分野育成ビジョンにおける「京浜臨海部の企業の連携によるエネルギー融通」の実現を目指し、同事業の実現を支援した。

日産自動車、J-オイルミルズ、東京ガス、TGEの各社と横浜市は、今後もそれぞれエネルギーの面的利用やコージェネレーションの活用などによる、さらなる省エネ・CO2削減を図っていく構えだ。

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.