> > 新潟県で洋上風力発電・海洋エネルギー発電のポテンシャル調査すすむ

新潟県で洋上風力発電・海洋エネルギー発電のポテンシャル調査すすむ

 印刷 記事を保存

新潟県は10日、長大な海岸線を地域資源として活用し、海洋再生可能エネルギーの導入を促進するために、同県沖における洋上風力発電事業のポテンシャルを調査することとし、関連予算を2月議会に提案すると発表した。

計画している調査は、「風況に関する客観的データの収集、整理・分析」「海域利用に向けた制約および条件等の調査・整理」「洋上風力発電ポテンシャルマップの作成」。

本調査は、企画提案公募により、事業者を選定し調査業務を委託する。今後、公募を実施予定だ。

粟島浦村沖では流況調査結果もまとまる

また、同県では2011年10月から東北電力とともに、県北部の日本海にある粟島(岩船郡粟島浦村)において、災害に強いスマートコミュニティ構築に向けた実証事業を開始している。

(※全文:1,084文字 画像:あり 参考リンク:あり)

  • まだ会員登録されてない方

    新規会員登録無料
  • 既に会員登録されている方

    ログイン

会員登録3つの特典

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2018 日本ビジネス出版. All rights reserved.