> > IoTとクラウドが実現するスマートシティ 三鷹市などで欧州の都市と通信する実験

IoTとクラウドが実現するスマートシティ 三鷹市などで欧州の都市と通信する実験

 印刷 記事を保存

東日本電信電話(東京都新宿区、NTT東日本)などの日本の各社・研究機関は、スマートシティを実現するため、日欧4都市の大気・気象などのセンサデータを一元的に収集・可視化するネットワーク技術などの共同実験を2月15日から実施する。

スマートシティには都市間の情報交換が必要

この共同実験は、日欧の研究機関が共同で実施する「新世代ネットワークの実現に向けた欧州との連携による共同研究開発プロジェクト」(ClouTプロジェクト)と呼ばれるもの。

スマートシティはIT技術などを駆使して街全体のエネルギー・交通・行政サービスなどを管理し、資源や情報を効率的に利用する街のことだが、より高度なスマートシティを実現するためには、円滑な都市間の情報交換が必要だ。

このため、同プロジェクトでは、都市間の情報を一括管理し、今後の都市の課題解決へ役立てる実験を継続して行っている。具体的には、日欧それぞれの持つ研究実績・経験を活用し、モノのネットワーク(Internet of Things:IoT)とクラウドを融合したIoTアプリケーションの共通基盤を構築する。

(※全文:1,489文字 画像:あり 参考リンク:なし)

  • まだ会員登録されてない方

    新規会員登録無料
  • 既に会員登録されている方

    ログイン

会員登録3つの特典

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2018 日本ビジネス出版. All rights reserved.