> > ココイチの廃棄カツ問題、環境省が再発防止策 「そのまま売れない形で廃棄」等

ココイチの廃棄カツ問題、環境省が再発防止策 「そのまま売れない形で廃棄」等

 印刷 記事を保存

環境省は、本年1月に発覚したカレーハウスCoCo壱番屋(愛知県一宮市)の廃棄カツに端を発した食品廃棄物の不適正な転売事案を受け、同省としての再発防止策の案をとりまとめた。

再発防止策では、電子マニフェストの機能強化や、廃棄物処理業者・排出事業者に係る対策の強化により、食品廃棄物の排出から処理に至るフロー管理を強化する。

排出事業者に対しては、食品廃棄物の転売防止対策を強化し、例えば、食品廃棄物をそのまま商品として販売することが困難となるよう適切な措置を講じる等、食品リサイクル法における食品関連事業者が取り組むべき措置の指針(判断基準省令)の見直しの検討や、食品廃棄物の不正転売防止のための措置に関するガイドラインの策定(農林水産省と連名)などを盛り込んだ。

再発防止策の案のポイント

再発防止策の案のポイントとして、以下の3点をあげる。

(※全文:1,169文字 画像:なし 参考リンク:あり)

  • まだ会員登録されてない方

    新規会員登録無料
  • 既に会員登録されている方

    ログイン

会員登録3つの特典

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2018 日本ビジネス出版. All rights reserved.