> > バイオエタノールの生成に必要な前処理、新手法で処理効率20倍以上に

バイオエタノールの生成に必要な前処理、新手法で処理効率20倍以上に

 印刷 記事を保存

北海道大学他の研究チームは、バイオエタノールを生成するための前処理にキャビテーション(流動キャビテーション)を用いることにより、従来よりも処理効率を20倍以上向上できることを実証した。

泡でセルロース系バイオマスの結晶構造を破壊

非可食の稲わらや廃木材などのセルロース系バイオマスは、リグニンによって覆われており、強固な結晶構造を有しているため、酵素分解の分解速度が極めて遅いという問題があった。そこでリグニンを除去し、結晶構造を破壊する「前処理」が必要不可欠になる。

同研究チームは今回、流れ場を用いた「流動キャビテーション」を用いる前処理方法が、従来通りの超音波を用いる前処理方法と比較し、20倍効率的であることを証明した。また、酸処理・アルカリ処理・水熱処理などによる前処理方法と違い、微生物による発酵を行う前に必要な中和・洗浄のプロセスも不要だ。

(※全文:1,065文字 画像:あり 参考リンク:あり)

  • まだ会員登録されてない方

    新規会員登録無料
  • 既に会員登録されている方

    ログイン

会員登録3つの特典

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2018 日本ビジネス出版. All rights reserved.