> > FedEx、日産の電気自動車e-NV200を集配車両として導入

FedEx、日産の電気自動車e-NV200を集配車両として導入

記事を保存
FedEx、日産の電気自動車e-NV200を集配車両として導入

国際航空貨物輸送会社のフェデックスエクスプレス(東京都千代田区)は、2月10日、日産自動車(神奈川県横浜市)の100%電気自動車(EV)「e-NV200」を2台、都内の集配車両として導入した。

日産の「e-NV200」が導入されたのは、同社の新砂営業所(江東区)で、走行用バッテリーの充電設備もここに新設された。

同社は航空機および配送車両の二酸化炭素排出量削減をめざし、「フェデックス・アーススマート計画(FedEx EarthSmart)」を実施しており、今回のEVの導入は同取り組みの一環として行われた。

同社は、環境課題に対する長期的な施策として、2014年時点で世界中の拠点にハイブリッド車(HV)を397台、EVを404台、天然ガス燃料車を132台、水素燃料車40台を所有する。国内では2016年2月時点でHV7台、天然ガス燃料車9台が導入されている。同社の国内拠点にEVが投入されたのは今回初めて。

同社は、配送車両について、2005年から2020年の間に燃料効率30%改善させる目標を掲げており、以下の3つのアプローチにより達成を目指す。

  1. Reduce(削減)
    配送ルートの見直しと、運転技術の向上(エコドライブ教育)による走行距離の短縮および使用する燃料の削減。
  2. Replace(置き換え)
    より燃料効率の高い車両の導入。
  3. Revolutionize(変革)
    代替燃料、ハイブリッドおよび電気自動車など、エネルギー分野の先進技術の活用。

同社の累積改善率は2014年時点で既に29.5%で、達成後はこの目標を再検討する予定だ。

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.