> > 下水処理施設からのバイオガス CO2を分離・回収、藻類培養に使う実証開始

下水処理施設からのバイオガス CO2を分離・回収、藻類培養に使う実証開始

 印刷 記事を保存

東芝は、これまで利用されていなかった下水処理施設から発生する消化ガス(バイオガス)中のCO2を高濃度で分離・回収し、藻類培養に有効活用するとともに、脱水分離液をユーグレナなどの藻類培養に必要な栄養源として利用する検証を2月17日から開始すると発表した。

本実証事業は、国土交通省が実施する「下水道革新的技術実証事業(B-DASHプロジェクト)」に採択された「バイオガス中のCO2分離・回収と微細藻類培養への利用技術実証事業」。東芝が日本下水道事業団、佐賀市、日水コン(東京都新宿区)、ユーグレナ(東京都港区)、日環特殊(山口県下関市)とともに採択されたもの。

実証事業期間は2015年8月4日~2016年3月31日。実証施設は、佐賀市下水浄化センター内に設置され、2月17日から実証施設において藻類の栽培を開始している。今年度中を目途にバイオマス由来のCO2による藻類の栽培効果を検証する予定。

(※全文:1,232文字 画像:あり 参考リンク:なし)

  • まだ会員登録されてない方

    新規会員登録無料
  • 既に会員登録されている方

    ログイン

会員登録3つの特典

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2018 日本ビジネス出版. All rights reserved.