> > Looopが新・DIY太陽光発電キット発売へ 今度は両面ガラスパネル搭載

Looopが新・DIY太陽光発電キット発売へ 今度は両面ガラスパネル搭載

 印刷 記事を保存

Looop(東京都文京区)は、個人がDIY感覚で太陽光発電システムを設置できるキット「MY発電所キット®」シリーズにおいて、耐久性を追求した両面ガラスパネル搭載をした新製品を、3月2日から東京ビックサイトで開催されるPV EXPO2016より販売を開始する。

今回発売するのは、『MY発電所キット®78NT』(パネル出力は78kW)と『MY発電所キット®84NT』(パネル出力は84kW)。

新製品は、バックシートを使用した従来型パネルに比べ、紫外線や水、熱、砂などの影響を受けにくい両面ガラス構造の新型パネル「NEXTOUGH」を搭載。経年劣化の少ないガラスを両面に採用したことで長寿命化が期待できる。また、JIS・IEC規格を超える耐荷重性・耐衝撃性を実現。耐雪圧10,000Pa(積雪3m相当)は豪雪地帯にも対応できる。

(※全文:1,251文字 画像:あり 参考リンク:なし)

  • まだ会員登録されてない方

    新規会員登録無料
  • 既に会員登録されている方

    ログイン

会員登録3つの特典

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2018 日本ビジネス出版. All rights reserved.