> > 宮城県加美町のバイオマス産業都市構想、アミタが策定を支援

宮城県加美町のバイオマス産業都市構想、アミタが策定を支援

記事を保存
宮城県加美町のバイオマス産業都市構想、アミタが策定を支援

アミタ持続可能経済研究所(京都府京都市)は2月3日、宮城県加美郡加美町の「バイオマス産業都市構想」の策定支援業務において、実施者に選定された。

バイオマス産業都市化に向けて調査や体制構築を実施

バイオマス産業都市構想の策定において、同研究所は地域概要調査・バイオマス利用調査・事業化プロジェクト提案・プロジェクト会議支援などの業務を実施する。受託金額は297万円で、事業実施期間は2016年2月10日より同年5月31日まで。

バイオマス産業都市とは、バイオマスの原料収集から製造・利用までの経済性が確保された一貫システムを構築し、地域の特色を軸とした環境にやさしく災害に強いまちづくりを目指す地域のこと。市町村や企業共同体が構想を作成し、内閣府・総務省・文部科学省・農林水産省・経済産業省・国土交通省・環境省からなる7府省が共同で選定する。選定されれば、各府省から様々な支援が得られる。

政府による「バイオマス産業都市」のイメージ

政府による「バイオマス産業都市」のイメージ
(※クリックで拡大)

今回の構想策定支援業務で同研究所が実施する業務は下記の通り。

  • 社会的・地理的・経済的特色など地域の概要に関する調査
  • 加美町内のバイオマス利用の現状と課題の調査分析
  • 構想具体化に向けた実施体制の提案
  • 事業化プロジェクトによる地域波及効果の分析
  • 加美町バイオマス産業都市構想案・概要版の作成
  • バイオマス産業都市構想策定検討プロジェクト会議等の支援

バイオマス産業都市構想からエネルギー自給体制を目指す

現在、関係府省は2018年までに約100地域(各都道府県に2地区程度)のバイオマス産業都市の構築を目指し、地域を選定して支援していく予定だ。

加美町では、バイオマス産業都市構想の策定により、地域資源を活用した循環型社会の構築、再生可能エネルギー導入によるエネルギー自給体制の構築、地元木材の積極的活用などを図った「善意と資源とお金が循環する、人と自然にやさしいまち」を目指す。

アミタ持続研は、これまでに全国60カ所以上において地域支援事業を実施してきており、企画立案から実行、効果測定、持続可能なしくみづくりまで、真の地域再生につながるようなトータルプロデュース事業を提案・実践している。同社グループは、これらのノウハウを活かし、地域包括的な東北地方の内陸部モデルとなるバイオマス産業都市構想の策定を目指す。

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.