> > 省エネ型のリユース・リサイクル 環境省が実証事業者を公募

省エネ型のリユース・リサイクル 環境省が実証事業者を公募

記事を保存

環境省は、ガラス・プラスチックなどの素材、蓄電池太陽光発電システムなどの製品について、CO2排出が削減できるリサイクル・リユースを行う実証事業の公募を開始した。申請期間は2016年3月31日まで。

この「2016年度低炭素型3R技術・システム実証事業」は、素材・製品などの3Rの推進に対し、ボトルネックに相当する具体的課題を設定し、その解決に向けた実証的な取組を行う事業者を支援するもの。採択されれば事業費を使いリサイクル・リユースが実施できる。

対象事業は下記の通り。

  1. 素材(例:ガラス、プラスチック)に注目した製品横断的なリサイクル・再生材利用の促進
  2. 新製品・新素材(例:リチウムイオン電池、炭素繊維強化プラスチック(CFRP)、太陽光発電システム)のリユース・リサイクルの促進
  3. 既存のリサイクルシステム(例:家電リサイクル、食品リサイクル)における処理工程の効率化・省エネ化
  4. 素材(例:金属資源、プラスチック)の高度選別・アップグレードリサイクル・水平リサイクルの促進
  5. 製品設計の工夫による製品の長寿命化・省資源化・解体性向上の促進(例:自動車部品の解体性向上によるリユースの促進)

事業費は1件当たり上限1億円(税込)。採択件数は8件程度、総額4億円(税込)程度。なお、1件あたりの平均的な事業費は3000万円~8000万円が予定されている。

資源の循環的な利用や事業の有効性、エネルギー削減効果、CO2排出量削減効果、その他の環境負荷低減効果を検証し、かつ、経済的・技術的な側面から見た事業の実現可能性を検証する必要がある。

公募対象者は民間企業や各種法人、またはコンソーシアム。事業実施期間は原則として、事業採択後、2016年5月ごろの契約締結日から2017年2月28日まで。応募は環境省ウェブサイトから申請書をダウンロードし入力後、電子データを入れたCD等を、環境省の担当部署に郵送・持参する。

【参考】
環境省 - 平成28年度低炭素型3R技術・システム実証事業の公募について

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.