> > 光害を低減する「低反射型+壁面設置型」の太陽光発電パネル、実証スタート

光害を低減する「低反射型+壁面設置型」の太陽光発電パネル、実証スタート

記事を保存
光害を低減する「低反射型+壁面設置型」の太陽光発電パネル、実証スタート

NEDOは、カネカ(大阪府大阪市)との共同研究である「太陽光発電多用途化実証プロジェクト」で、壁面設置型の低反射環境配慮型太陽光発電システムを開発し、実証試験を開始した。

今回開発された低反射・壁面設置型発電モジュール

壁面設置型の太陽光発電システムは反射光による光害が大きな課題であった。しかし、同システムは、防眩機能を有した低反射モジュールを採用することでそれを解消した。また多彩な色をつけることで意匠性を高め、フレームレスで設置することにより、街中のビル等の壁面に設置しても違和感のないデザインになっている。

もし同システムの実用性が確認されれば、従来のように街中で太陽光モジュールを設置したい場合は屋根を利用する他無く、屋根の面積分のみの発電規模に収まっていたが、壁面が利用できるようになればその設置面積が増え、発電量の増大にも貢献する。

NEDO・カネカの同製品開発の過程

これまでNEDOとカネカは、太陽電池モジュール表面の凹凸構造によって光散乱させ正反射を低減させるとともに、太陽電池モジュールの内部に光を閉じ込める技術を用いて発電効率を高めた低反射モジュールの開発を進めてきた。兵庫県豊岡市のカネカソーラーエネルギー事業部技術センター実証棟において、モジュールの表面構造の最適化等の評価を実施していた。

同実証試験は、現在、横浜市戸塚区の大成建設の技術センター内で実施されている。

NEDOは、同共同研究における低反射環境配慮型太陽光発電システムの実証結果をもとに、今後、壁面設置型太陽光発電の普及に向けて検討を進めていく予定。また、カネカは、低反射環境配慮型太陽光発電システムの2017年度の商品化を目指し、ZEB実現に向けた取組を進めていく。

【参考】
NEDO - 壁面設置型の低反射環境配慮型太陽光発電システムを開発

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.