> > 光害を低減する「低反射型+壁面設置型」の太陽光発電パネル、実証スタート

光害を低減する「低反射型+壁面設置型」の太陽光発電パネル、実証スタート

 印刷 記事を保存

NEDOは、カネカ(大阪府大阪市)との共同研究である「太陽光発電多用途化実証プロジェクト」で、壁面設置型の低反射環境配慮型太陽光発電システムを開発し、実証試験を開始した。

今回開発された低反射・壁面設置型発電モジュール

壁面設置型の太陽光発電システムは反射光による光害が大きな課題であった。しかし、同システムは、防眩機能を有した低反射モジュールを採用することでそれを解消した。また多彩な色をつけることで意匠性を高め、フレームレスで設置することにより、街中のビル等の壁面に設置しても違和感のないデザインになっている。

(※全文:724文字 画像:あり 参考リンク:あり)

  • まだ会員登録されてない方

    新規会員登録無料
  • 既に会員登録されている方

    ログイン

会員登録3つの特典

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2018 日本ビジネス出版. All rights reserved.