> > どんどん上がるLED照明の性能 200lm/Wの照明用LEDチップが開発される

どんどん上がるLED照明の性能 200lm/Wの照明用LEDチップが開発される

記事を保存
どんどん上がるLED照明の性能 200lm/Wの照明用LEDチップが開発される

豊田合成(愛知県清須市)は、2月29日、200lm/Wの照明用LEDパッケージ「TG White 30 H」を開発し、2016年3月よりサンプル出荷、4月から量産を開始すると発表した。

開発された同新製品は、青色LEDチップと蛍光体を組み合わせた構造で、主にLEDチップとパッケージ材料の改良によって高効率化を実現した。熱硬化性樹脂材料を採用することで、耐熱性と耐ガス性に優れる。200lm/Wを実現する条件は65mA駆動で色温度5000K、Ra≧80の場合だ。サイズ(mm)は3.0×3.0×0.65。

このLEDチップは照明用途(電球タイプ、蛍光灯タイプ、ダウンライト、シーリングライトなど)に使われることを想定している。同製品と同時に、低コストの185lm/Wの製品「TG White 30 E」も出荷する予定だ。

同社は、秋ごろにはさらに高効率化した製品も開発予定。今後もLEDのトップメーカーとして、世界のニーズに合った製品開発を通じ、選ばれるグローバルサプライヤーを目指す。

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.