> > パナソニックのHIT太陽電池、変換効率が23.8%に 世界最高記録を更新

パナソニックのHIT太陽電池、変換効率が23.8%に 世界最高記録を更新

記事を保存
パナソニックのHIT太陽電池、変換効率が23.8%に 世界最高記録を更新

パナソニックは、シリコン系太陽電池のモジュール変換効率において、研究開発レベルとして世界最高記録となるモジュール変換効率23.8%を達成したと発表した。

今回の成果は、独自の太陽電池モジュール「HIT®」で採用している高い変換効率を実現する技術をさらに進化させるとともに、太陽光をより有効活用できるバックコンタクト型セル構造を適用することで実現した。バックコンタクト型セル構造は電極をすべて裏面に配置することで、電極の影による損失をゼロにし、入射光を有効利用できることを特長とする。

これまで、シリコン系太陽電池のモジュール変換効率の最高値は米サンパワー社の22.8%だった。今回、同社は、研究開発レベルで、この記録に対して1.0ポイント上回る23.8%を達成し、大幅な記録更新を達成した。

同社は、セル変換効率においても、2014年4月に研究開発レベルで25.6%の世界最高値を達成しており、シリコン系太陽電池のセル変換効率・モジュール変換効率ともに世界トップとなった。

高効率を支える技術を進化

同社は、結晶シリコン基板とアモルファスシリコン膜を組み合わせた独自のヘテロ接合型太陽電池を開発し、太陽電池モジュール「HIT®」の生産・販売を行っている。今回、バックコンタクト型セル構造の適用とともに、「HIT®」の特長である高い変換効率を実現するヘテロ接合型太陽電池セル化技術と高出力モジュール化技術をさらに進化させた。

ヘテロ接合型太陽電池は結晶シリコン基板表面をアモルファスシリコン膜で覆うことで、太陽電池に必要な接合形成を行う技術。シリコン基板表面付近に多数存在する欠陥を補償するパッシベーション性能が優れている。

産業技術総合研究所(AIST)における評価結果

産業技術総合研究所(AIST)における評価結果

なお、モジュール変換効率23.8%は産業技術総合研究所(AIST)において評価された。モジュール面積はマスクによる開口部面積(11,562平方センチメートル)。開口部面積は、光を受け受けても発電しない部分を除いた面積をいう。

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.