> > 九州電力、30万kWhの蓄電システムの運用開始 再エネ導入量拡大の実証試験

九州電力、30万kWhの蓄電システムの運用開始 再エネ導入量拡大の実証試験

 印刷 記事を保存

九州電力は3日、電力の安定供給を前提に、再生可能エネルギーを最大限受け入れるための取り組みの一環として、世界最大級の大容量蓄電システムを備えた豊前蓄電池変電所の運用を開始したと発表した。

今後は、実際に太陽光発電の出力に応じて蓄電池の充放電を行い、需給バランス改善に活用するとともに、大容量蓄電システムの効率的な運用方法の実証試験等を実施していく。

同社は、2015年4月22日に国の「大容量蓄電システム需給バランス改善実証事業」を受託し、豊前発電所構内(福岡県豊前市)に豊前蓄電池変電所の新設工事を進めてきた。

今回導入した大容量蓄電システムは出力5万kW、容量30万kWh(一般家庭約3万戸分の一日の電力使用量に相当)で世界最大級。日本ガイシ製のNAS電池(ナトリウム・硫黄電池)を採用し、三菱電機が納入した。約14,000m2の設置面積に、コンテナ型252台(200kWコンテナ4台×63台)のNAS電池を設置している。

その他、設備は、交直変換装置のパワーコンディショナー(PCS)(800kW×63台)、6kVから66kVに昇圧する連系用変圧器(容量3万kVA×2台)で構成される。

三菱電機は本システムの特長として、下記の3点をあげている。

(※全文:1,029文字 画像:あり 参考リンク:なし)

  • まだ会員登録されてない方

    新規会員登録無料
  • 既に会員登録されている方

    ログイン

会員登録3つの特典

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2018 日本ビジネス出版. All rights reserved.